全日空商事株式会社
全日空商事株式会社

グループミッション

グループミッショングループミッション

私たちは、ANAグループの多角化事業を担う商社グループとして、
独創性・柔軟性・先見性という翼をもって、
常に新しい付加価値を創造し、豊かな社会の実現に貢献します。

激動する社会やビジネス環境の中で、全日空商事グループならではの本物の価値を付加した商品やサービスを提供するため、私たちは「独創性」「柔軟性」「先見性」という3つのキーワードが重要であると考えています。
「今までなかったもの」や「誰にも真似のできない付加価値」を生み出し、独創的なサービスを提供すること。 お客さまのニーズに的確に応えるための、臨機応変で柔軟な考えと行動力。 そして「まだ表に現われていないニーズ」や「眠っているビジネスチャンス」をいち早くキャッチし、次のビジネスへとつなげていく先見性。

3つのキーワードを掲げ、私たちは変化を恐れることなく、未知の世界へと力強く、フライトを続けます。

独創性

あらゆるものがビジネスになっていく。独創のビジネスフィールド。

私たちはエアライン系商社グループとして、航空機関連事業から始まり、次々と新規分野を創造、開拓してきました。商社の仕事では、つねに独創のビジネス展開が求められています。パイオニアとしての自負と誇りを持って、次なる道を切り拓いていく。人がやらないこと、誰にも真似のできないことに積極的に取り組んでいく。それこそが、私たちの企業マインドなのです。

柔軟性

変化を恐れない。つねに柔軟な姿勢で対応していく。

日々変転するビジネスの世界で変化を恐れていては何もできません。 お客さまからの様々なニーズに的確に応え、どのような状況にも臨機応変に対応するビジネス姿勢が求められています。私たちは、マーケットやお客様の動向を読みながら、異なる価値観も受け入れて、より高い目標を目指していきます。

先見性

はるかな地平を見つめながら一歩先を進んでいく。

あらゆるものがビジネスになる商社であるからこそ、次のニーズ、さらにその先にあるニーズを察知し、全方向にアンテナをめぐらせて、”いま”より一歩先を歩んでいく。こうした”次”を見据えたビジネスの先見性は私たちの経営課題といえます。はるかな地平を見通す力が、新しい事業を、そして私たちの未来を創り出していきます。