業界随一の鮮明画像とシンプル操作で、テロ対策・危険防止、情報漏えい対策など、様々なシーンにご使用頂けます。

新KS/RA制度に伴う航空貨物検査にも最適

Rapsican(ラピスキャン)社のX線検査装置は開被することなく、大小幅広いサイズの貨物検査を行うことができるため、他の検査機器と比べスピーディな貨物輸送が可能となります。

製品一覧はこちら
Rapiscan(ラピスキャン)社

Rapiscan(ラピスキャン)社とは
Rapiscan(ラピスキャン)社はテロ対策で先行する米国に本社を持ち、世界のX線(X-ray)検査装置市場において高いシェアを誇っています。国内でも空港や官公庁などで豊富な導入実績を持ち、安心と信頼あるX線(X-ray)検査装置をご提供します。
ご購入後のサポート面においては、ANAグループネットワークを活かした、全国への24時間保守対応が可能です。
設置・保守:スカイビルサービス株式会社(ANAグループ企業)

全日空商事株式会社 電子事業部
  • 03-6735-5233
  • お問い合わせフォームはこちら
【受付時間】月~金曜 AM9:00~PM6:00
※日曜・祝日および年末年始(12月29日~1月3日)を除く
全日空商事株式会社について
X線(X-ray)検査装置について
X線(X-ray)検査装置を使用するメリットは?
対象である荷物、小包、郵便物等を開封しないまま、危険物や爆発物を視覚的に確認することが可能です。
操作に特別なライセンスは必要ですか?
弊社取扱いX線検査装置はX線の漏れ線量を最低限に抑えておりますので、使用される方のエックス線作業主任者などの特別な資格は必要ありません。
設置の際に届け出は必要ですか?
設置する30日前までに所轄の労働基準監督署への届け出が必要です(労働安全衛生規則に基づく)。尚、ご購入のお客様には届出の用紙や補足資料をご用意しております。
点検修理については?
ご購入後、機器を安全快適にご利用いただくために年1~2回程度の定期点検をお勧めしております。ご購入のお客様への技術サポートは24時間365日の対応を行なっております。